バス/タクシー/トラック

 

乗務員台帳

 

乗務時間

 

九州運輸局

 

点呼

 

監査

 

行政処分

 

運転者台帳

 

過労運転防止

 

圧倒的に多い、指導監督(九州運輸局監査2020年11月度)

2021.2.3

 

毎月、運輸局ごと・業種ごとに監査・行政処分の結果が公表されています。

2020年11月度、九州運輸局管内の旅客(バス、タクシー)事業者、貨物運送事業者の法令違反に対する行政処分等の状況から、「法令違反ヒートマップ」を作成してみました。

いち運輸局の、ひと月のサンプリングでしかありませんが、運輸業界でもっとも多い違反、つまり、もっとも守られていない規則は何か? 業界の実態を表しているかもしれません・・・

平均 5.1件。

 

九州運輸局管内の11月度の監査対象事業所はかなり少なく、以下5事業所でした。

 ・路線バス 5事業所
 ・トラック 3事業所
 ・タクシー 2事業所 
 ・貸切バス 1事業所

 



また、11事業所の合計違反数は57件でした。1事業所あたり違反数の平均は、約5.1件というところでしょうか。同月の中部運輸局関東運輸局近畿運輸局四国運輸局の監査と比べると、やや多い印象です。

同月11月で、運輸局ごと違反総数

関東256件 > 中部92件 > 九州 57件 > 近畿 33件 > 四国 19件

近畿よりも多い・・と。

  

違反ワースト1位(小項目)は、指導監督実施・記録義務違反

 

57件の中身は、以下、12種類の規則違反となっていました。

ワースト1は、運転者への指導監督実施or記録義務違反、次いで、運転者台帳、乗務時間改善基準告示違反・・・。

 

違反ワースト1位(大分類)も、指導監督でした。 

シンプルに大分類でわけると、こんな感じです。


ワースト1位 指導監督
ワースト2位 運転者台帳
ワースト3位 点呼もしくは改善基準告示違反

特徴が出ました。

指導監督をかなり重点的に監査したと思われます・・

総評

総評を1枚の絵にしてみました。

みなさん、今回の結果をどう思われますか?

運行管理者の重要な業務が・・・

選任された運行管理者は、何が忙しくて、本業である「運行管理者の業務(貨輸送安全規則20条・旅客運輸規則48条)」に集中できない状態にあるのでしょうか?

それとも、法令・行政・規則がもはや古く、運行管理者はペーパーワークで忙しく、ドライバーと話す時間がないということ・・? それとも、事故対応(事後対応)で忙しい? 

 

 

指導監督告示と、ドライブシミュレータ活用

法定診断(初任、事故惹起、高齢者)以外の一般診断や、自社でKYTを繰り返しつかえる「ドライブシミュレータ」「運転シミュレータ」という機器があります。

これを一社に一台もっておくだけで、指導監督に関するお悩みが、糸を解きほぐすように解決してゆく可能性があります。


当社のお客様の指導監督の仕組みづくりの参考として、以下もぜひご覧ください。

https://transport-safety.jp/archives/tag/%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf