新型コロナウィルス

 

点呼とアルコール検知器

 

運行管理

 

結局、アルコール検知器は感染経路になっているのか? 緊急事態宣言前後の消毒依頼件数を集計してみました。

2021.2.4

 

昨年11月、以下記事にて、感染者発生営業所で使用していたアルコール検知器の消毒依頼件数をお知らせ致しました。

その後、年末以降、全国的に感染者が増え、結果的に緊急事態宣言とさらなる延長となったことをうけ、直近の状況をupdateしました。

年末を挟み、やはり急増。10ヶ月で、51件。

4月以降、お客様の事業所において新型コロナウィルスの感染者が発生し、消毒依頼のご連絡をいただいたのは、総数51件でした。

 

その後、11月、12月、1月と、やはり増加を続けている状況です。ピークアウトが1月であることを祈ります。

 

業種

トラックのお客様が多い分、トラック事業所からの依頼件数が多いです。

 

使用機種(設置型でも、モバイル型でも)

多人数共用型が危ない、という認識がありましたが、少人数や1名で外に持ち出して使うモバイル型でも結果的に発生しています。

 

結局、媒介して広げているのか?

10ヶ月間、本日時点で、「明らかにアルコール検知器が唯一の経路であり、2次感染やいわゆる「クラスター」に繋がった」という報告はございません。

だから、大丈夫、というつもりは一切なく、本記事でお伝えできるのは、

・10ヶ月間で、51件である。

・あきらか検知器がクラスターの原因になったとの連絡は10か月でゼロ件である。

・昨年3月と4月に毎日コールセンターに、「感染したらどうしてくれるんだ」という電話がかかってきていたが、いまは、実質ゼロ件である。

しかしながら、いまだに新型コロナウイルスの感染経路や残存期間は不明なため、アルコール検知を介した接触感染、排出した呼気に起因する、エアロゾル的な空気感染がないとは、言い切れません。

如何でしたでしょうか?

おそるおそるの、事実の積み重ねですが、感染対策には万全を期しているとは思いますが、いつ、何が起きるともわかりません。

引き続き、できるだけFactを正確に積み上げ、お知らせしてゆきたいと思います。


いま世界では(WHOダッシュボード)・・
https://covid19.who.int/

日本では(WHOダッシュボード)・・・
https://covid19.who.int/region/wpro/country/jp

日本の状況(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html