パブリックコメントとは

パブリックコメントは、国の行政機関が政令や省令等を定めようとする際に、事前に、広く一般から意見を募り、その意見を考慮することにより、行政運営の公正さの確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に役立てることを目的としています。

平成17年6月の行政手続法改正により法制化され、それまでの「規制の設定または改廃に係る意見提出手続(平成11年閣議決定)」に基づく意見提出手続に代わって導入されました。

e-gov  電子政府の総合窓口 より
https://www.e-gov.go.jp/help/public_comment/about_pb.html

対象となる法令や文書って?

政令憲法及び法律の規定を実施するために内閣が制定する命令
府省令各府省の大臣が、主任の行政事務について制定する命令
処分の要件を定める告示国の行政機関が決定した事項等を広く一般に知らせるためのもののうち、処分の要件を定めるもの
審査基準申請に対して許可等をするかどうかを法令の規定に従って判断するために必要な具体的な基準
処分基準不利益処分をするかどうか、どのような不利益処分とするかについて法令の規定に従って判断するために必要な具体的な基準
行政指導指針同一の行政目的を実現するため一定の条件に該当する複数の者に対し行政指導をしようとする際に各行政指導に共通する内容

結果は見える?

パブリックコメントを実施して命令等を制定した国の行政機関は、当該命令等の公布と同時期に、(1)命令等の題名、(2)命令等の案の公示日、(3)提出意見及び(4)意見に対する行政機関の考え方について公示を行います。また、パブリックコメントにおいて提出意見がなかった場合は、意見提出がなかった旨、パブリックコメントを実施したものの命令等を制定しないこととした場合は、制定しない旨を同様に公示します。
なお、公示の方法は、案の公示と同じく「電子政府の総合窓口(e-Gov)」のウェブサイトを利用して行われます。

本ページでは、主に、交通安全政策・運輸行政に関連する警察庁や国土交通省の所轄の法令を主に取り上げてゆきたいと思います。