IT点呼

 

助成金

 

安全教育

 

補助金

 

遠隔地IT点呼

 

飲酒教育

 

総予算8億5300万、位置について、ヨーイドン!~8月から事故防止対策支援推進事業(補助金支給)が始まります~

2021.7.31

そろそろ始まります、と国土交通省が日程を公表しました。

補助対象は、4つあります。

その1 先進安全自動車(ASV)の導入に対する支援

ASVは、8月2日からです。

 

その2 運行管理の高度化に対する支援

こちらは、8月16日からです。

 

その3 過労運転防止のための先進的な取組に対する支援

こちらも、8月16日からです。

その4 社内安全教育の実施に対する支援

こちらも8月16日からですが、締め切りが、上記3つより早く9月17日です。

 

金額およびイラスト参照元:令和3年度 国土交通省自動車局関係予算

東海電子の補助対象

まずは、過労運転防止機器として、IT点呼機器、遠隔地点呼機器が対象となっています。



(3)過労運転防止のための先進的な取組に対する支援
①受付期間:令和3年8月16日~令和3年11月30日
②補助対象機器:下記の機器であって、国土交通大臣が選定したもの
○IT を活用した遠隔地における点呼機器
○運行中における運転者の疲労状態を測定する機器
○休息期間における運転者の睡眠状態等を測定する機器
○運行中の運行管理機器
③補助率:取得に対する経費の1/2
④補助限度額:一部の機器に1台あたりの上限あり(詳細につきましてはHP参照)
⑤1事業者あたりの上限額:80万円

あと、社内安全教育として、有償の飲酒運転防止コンサルメニューが対象となっています。

対象機器の範囲(4月1~)

ご留意点としては、4月1日~7月にかけて納品されたもの、つまりいま既に使い始めているものも、補助対象となります。

しかしながら、いつもながら、なにせ、早い者勝ちとなっており、1ヶ月未満でこの8億はなくなることが予想されます。

お早めに・・。