ドライブシミュレータ

 

一般診断

 

点呼

 

監査

 

行政処分

 

関東運輸局

 

関東運輸局2021年4月度監査~変わらずワースト1位は指導監督

2021.6.25

毎月、運輸局ごと・業種ごとに監査・行政処分の結果が公表されています。
2021年4月度、関東運輸局管内の旅客(バス、タクシー)、貨物運送事業者の法令違反に対する行政処分等の状況から、「法令違反ヒートマップ」を作成してみました。

いち運輸局の、ひと月のサンプリングでしかありませんが、運輸業界でもっとも多い違反、つまり、もっとも守られていない規則は何か? 業界の実態を表しているかもしれません・・・

平均4.7件

関東運輸局管内の4月度行政処分は、

・トラック 18事業所
・タクシー 8事業所
・乗合バス 1事業所

合計27事業所でした。

また、27事業所の合計違反件数は127件でした。
1事業所あたり違反数の平均は4.7件というところでしょうか。

監査のきっかけは?

ところで、なぜ、監査を受けることになったのでしょうか?
この月の関東運輸局管内では、以下の理由を端緒として監査が行われました。

違反ワースト1位(小項目)は指導監督

127件の違反内容は、以下となっていました。

今月もワースト1位は、指導監督実施違反or記録義務違反でした。

違反ワースト1位(大分類)は指導監督、2位に乗務記録、3位点呼


大分類にする、いつも、どこも、群を抜いてワースト1位は指導監督。
乗務記録、「乗務記録の記録義務違反・不備」「乗務記録の不実記載」の件数が増えて、2位という結果に。

運行管理者の日常業務のヌケ・モレはなぜ?


書類業務と、日常的な安全運行管理業務にわけると、以下となります。

指導監督のモレを無くすために・・


運転者の一般診断をうっかり未消化することが多いようです。
弊社では「ドライブシミュレータACM300」のレンタルサービス・販売や、安全安心健康に特化したクラウドサービス「運輸安全プロ」をご提案しております。