アルコールインターロック

 

トラック

 

実用事例

 

国松運送株式会社(埼玉県)東海電子製アルコールインターロック「ALC-LOCK」を導入し得たものは、管理者の安心と得意先からの信用。

2020.11.2

埼玉県の国松運送株式会社様は、半世紀以上の歴史を持ちアルミ材や鋼材の運送、また酒造メーカーとも取引をされています。

酒造メーカーの運搬は特に飲酒検査が厳しく、数回に渡りアルコールチェックを行う流れでした。しかし東海電子製の高機能アルコールインターロックALC-LOCKを装着してからは、メーカーでの最終飲酒検査を受けなくてもよくなり、ドライバーの負担が大幅に軽減されました。

ALC-LOCKは機器そのものに検査記録が残り、さらにアルコールを検知するとエンジンがかからず運転ができない為、管理者としては精神的な安心感を得られているとのこと。

“信用という風評”により、お金には変えられない大切なものが事業を支えています。

なぜ導入を決めたのか? 現在の使い方は?
詳細はコチラのレポートをご覧ください。

https://www.tokai-denshi.co.jp/app/usr/downloads/file/296_20120224151136_download_file.pdf

「ALC-LOCK」の後継機!アルコールインターロックシステム「ALC-ZERO」

飲酒運転防止の最後の砦!アルコールを検知するとエンジンがかかりません。