アルコールインターロック

 

トラック

 

実用事例

 

熊本通運株式会社(熊本県)アルコールインターロック「ALC-LOCK」で遠隔地での安全管理をより確実に。

2020.10.29

熊本通運株式会社様は、大手企業の得意先が主であり県内ではよく知られた存在です。“社名が入ったトラックは走る広告塔”との認識を持ち、グループにはドライバーを教育・指導する別会社ができるほど安全運行を徹底されています。

アルコールチェッカーも早くから導入し、長距離運行のドライバーには携帯型チェッカーを持たせて検査結果を電話で確認していましたが、より確実な遠隔地での安全管理を求めインターロック「ALC-LOCK」の導入を決めました。

“安全運行によって会社の信頼を獲得し、従業員の幸せを追求する”という理念の元、徹底した安全教育と「ALC-LOCK」の装着でさらなる発展につなげています。

なぜ導入を決めたのか? 現在の使い方は?
詳細はコチラのレポートをご覧ください。

https://www.tokai-denshi.co.jp/app/usr/downloads/file/350_20120727095547_download_file.pdf

「ALC-LOCK」の後継機!アルコールインターロックシステム「ALC-ZERO」

飲酒運転防止の最後の砦!アルコールを検知するとエンジンがかかりません。