アルコールインターロック

 

実用事例

 

社用車

 

神奈川柑橘果工株式会社 (神奈川県)飲んだら車が動かない!インターロック「ALC-ZEROⅡ」で飲酒運転撲滅のリーダーを目指す。

2020.10.15

神奈川柑橘果工株式会社様は大手飲料メーカーより依頼を受け、リキュール等のお酒をOEM生産されています。得意先の信用を得るには、まず同社自身が飲酒運転防止に真剣に取り組む必要性があると、飲んだら完全に車が動かない「ALC-ZEROⅡ」を導入されました。

勘案当初、据え置き型のアルコールチェッカーで検査し、職員が車両のキーを手渡す案もありましたが、24時間体制の工場では空白の時間ができることを懸念し、いつでも対応できるアルコールインターロックが最良と決定されました。

車に直接搭載されるアルコール検知器は、飲酒運転防止の取り組みが伝わりやすいため、企業イメージの向上にも役立っているそうです。

なぜ導入を決めたのか? 現在の使い方は?
詳細はコチラのレポートをご覧ください。


https://www.tokai-denshi.co.jp/app/usr/downloads/file/503_20140820171723_download_file.pdf

アルコールを検知するとエンジンがかかりません。全国15,000以上の事業所への導入実績を誇る東海電子のアルコール測定器、アルコールインターロックシステム「ALC-ZERO」